教育検討委員会

トップページ > SMO協会について > 委員会活動 > 教育検討委員会

CRC及び治験事務局担当者のレベルアップを図るために、様々な活動に取り組んでいます。

委員会概要

【目的】

本委員会は、協会会員企業の治験業務担当者及びCRCの質的向上を目指して、統一的な教育研修を実施するために具体的な教育・研修事業の企画、同理事会への提案、実施する事を目的としております。

委員長
牧 敬二株式会社エクサム

このページの先頭へ

本年度の活動方針

  1. 継続研修会の実施
    • 同時中継方式を踏まえた教育機会の提供
    • 参加型研修方法の検討(パネルディスカッション、ワークショップセミナー等)
    • 会員企業社員による発表機会の創出(JASMOの発信力の向上)
    • 求められる研修内容の検討
  • 【第32回】(同時中継方式)
    「医学の基礎と臨床、最近のトレンド」
    (英語スキル講座)
    日時:2016年7月2日(土)
    開催地区:東京(メイン会場)、大阪、福岡、札幌(サテライト会場)

  • 【第33回】(同時中継方式)
    「計画中」
    日時:2016年10月29日(土)予定
    開催地区:東京、大阪、福岡

  • 【第34回】(同時中継方式)
    「計画中」
    日時:2017年2月25日(土)予定
    開催地区:東京、大阪、福岡

このページの先頭へ

研修会実績

JASMO CRC継続研修会 実績

第1回 【東京】 2007/6/23 「効率的な直接閲覧のあり方〜CRCの視点から〜」114KB/1P
第2回 【大阪】 2007/10/27 「モニター、DM、CRCが考える
 オーバークオリティーとは」
79.7KB/1P
第3回 【東京】 2008/2/16 「グローバルスタディに日本が参画した場合に
 SMOのCRCに何が課題となるか」
102KB/1P
第4回 【大阪】 2008/5/31 「がん領域の治験からCRC業務を考える」
90.8KB/1P
第5回 【札幌】 2008/9/6 「治験の国際化とCRCの未来」95.9KB/1P
第6回 【福岡】 2008/11/22 「精神科治験からCRC業務を考える」88.9KB/1P
第7回 【大阪】 2009/2/21 「小児科治験からCRC業務を考える」110KB/1P
第8回 【福岡】 2009/5/23 「婦人科領域の治験からCRC業務を考える」
115KB/1P
第9回 【札幌】 2009/9/5 「乳がんの治験からCRC業務を考える」109KB/1P
第10回 【東京】 2009/11/21 第1回CRCフォーラム(第10回CRC継続研修会記念)
「CRCの未来を考える」
90.7KB/1P
第11回 【大阪】 2010/2/27 「糖尿病の治験からCRC業務を考える」114KB/1P
第12回 【福岡】 2010/5/22 「遺伝子情報の取り扱いについて」105KB/1P
第13回 【東京】 2010/9/11 「統合失調症の理解を深める〜CRCのために〜」
105KB/1P
第14回 【仙台】 2010/11/20 「CRCに必要な基礎知識
  〜プロトコールの理解を深める〜」
105KB/1P
第15回 【大阪】 2011/2/26 「呼吸器疾患(COPD)の治験からCRC業務を考える」108KB/1P
第16回 【福岡】 2011/5/14 「治験におけるファーマコゲノミクスの現状と展望」
106KB/1P
第17回 【札幌】 2011/9/10 「肺がんの診断と臨床研究について」99.3KB/1P
第18回 【金沢】 2011/11/26 「臨床薬理試験における薬物動態」95.7KB/1P
第19回 【大阪】 2012/2/25 「関節リウマチの治験からCRC業務を考える」
112KB/1P
第20回 【東京】 2012/6/16 「国際共同治験のあり方〜ALCOAの理解を深める〜」
109KB/1P
第21回 【福岡】 2012/11/17 「国際共同治験の最近の動向」110KB/1P
第22回 【大阪】 2013/2/23 「臓器再生医学(iPS細胞含む)の現状および臨床研究・国際共同治験における留意点について」96.5KB/1P

このページの先頭へ