政策委員会

トップページ > SMO協会について > 委員会活動 > 政策委員会

業界全体に係わる諸問題の検討を行っています。

委員会概要

委員長
川窪 晃己株式会社EP綜合

このページの先頭へ

本年度の方針

  1. SMO業界としての政策的課題の検討
    • フィージビリティー調査に係るJASMO検討結果の利用検討
    • 品質管理/品質保証に係るコスト(工数)の検討
    • その他、依頼者からの要求に応じた解決すべき課題の検討
  2. 日本にしかないSMOの存在価値の検討
    • CRCの重要性及び日本と海外CRCの業務比較
    • SMOを利用した場合の開発スピード・開発期間・コスト
    • 医薬品開発支援業としての貢献度・必要性の検討
  3. LDM(ローカルデータマネージャー)の導入検討
    • 業務範囲
    • 費用・契約
    • 人材レベル(資格・経験など)

このページの先頭へ